荻原綾さんのやりがい

商社の仕事にやりがいを感じていると話す荻原綾さん。入社してから10年目ですが、現在では一度の取引で数億から数百億の取引をしています。学生の同期も他の業種で頑張っていますが、私ほど大規模な金額の仕事はしていません。大きな仕事を自分の手で動かすことに大きな魅力を感じています。大きいプロジェクトになれば仕事の難しさも倍増しますが、その分達成感を得ることができるので、荻原綾はこの部分に大きな魅力を感じています。

この魅力を感じるプロジェクトへたくさん関わっていけば自然と自分の成長を感じています。荻原綾さん自身が積極的に新しいビジネスのチャンスを見つけて飛び込んでいくので、誰も開拓していない分野への進出が積極的に行われていて、試行錯誤しながら失敗しながらもプロジェクトに取り組んでいます。荻原綾さんは外国人が相手でも怯むことなく果敢にチャレンジして交渉をする能力が長けています。そのために他の人だったら困難な取引も解決させることができるのです。

商社マンとして仕事にも恵まれていて、20代前半から大きなプロジェクトに関わることができたことが今に活かされています。荻原綾さんは常に野心があって向上心を大切にしているので、上司もそこを高く評価しているので、新しい仕事をやりがいとしていつも張り切って働いています。